2019/07/30 Tue. 森のはっぱさんのかぞくぱんワークショップ! 計らない!こねない!ズボラ流! in レストラン ルージュの傳言

2019/07/30 Tue. 森のはっぱさんのかぞくぱんワークショップ! 計らない!こねない!ズボラ流!
in レストラン ルージュの傳言
 
.
開催日時: 2019年7月30日(火) 15:00 ~ 2時間程度
お持ち帰りの生地が付きます。WSではパンの試食あり。
.
開催場所:レストラン ルージュの傳言
費用: 3,500円/名様 (パンの試食、ドリンク付き)+お持ち帰りパン生地
.
持ってくるもの: ノート、ペン(メモ用)、大きめのタッパー(パン生地200~300gを持ち帰るようです)*講師のパン作りを見ながら説明を聞くという形ですので、手やお洋服も汚れませんので、エプロンは不要です。
 
定員:12名様
※開催には最低6名様のご参加が必要です。
ご予約方法:こちらのInstagramにDMもしくはコメントでご予約ください。
 
————.:.————————.:.————————.:.————————.:.————
料理もスイーツも作るのは好きなのに、パンだけ何故か腰が重くなる私です。
同じような方いませんか? こねないパンなどの本でやっと慣れてきましたが、
今回のWSでは、レシピありません*!
.
どんなWS?ということで、下記に講師であるFumikoさんからの熱い思いを拝借します*
.
<かぞくぱんって?>
ふわふわのパンではなくて、どっちりとしっかりしたパン。
子供向けよりも、大人向けで(ものすごく感覚のみで焼くから)、でも家で作る時は子供にもお手伝いをしてもらえるパン!
こねないのは、テーブルの上ではこねないけど、ボウルの中で何度か混ぜるから、それは本当に子供でもお手伝い出来る。そうやって家族で気楽に焼けるパンだからかぞくぱんなのね。 基本的には、ヨーロッパにあるような、大きなパンを焼くためのワークショップ。しっかりしたパンで、スライスして食べるパン!
.
<レシピありません!>
計らないから、分量のレシピがないの。そもそもそこの概念を外してしまうワーク!初めはみんな質問攻めで、キョトンとしてるんだけど、最後はみんなこの適当さなら私にもできるとキラキラして帰られます。 日本に住んでると何でもかんでも、完璧にこなそうとしてしまう。失敗を恐れすぎる。だから、粉を計って、時間を計って…ってやらないと不安になるみたい。 でも、もっとダイナミックに、おおらかに自分スタイルで、なんでもやってみて欲しいって想いがあるのよね。失敗したっていいじゃない。成功のもとを手に入れるわけだし。 でも、とにかくやってみること。それに尽きる。
 
<持ち帰り生地について>
2日くらいの工程を3時間未満でお伝えする為に、いろんな工程を前後させながら全部見せます。
 
1から生地を作る所を行い、最後にその生地をみんなそれぞれ持ち帰ります。それを家で自分で育てて自分で焼く所までが私のワークショップの宿題というかワークショップの続きなんです。
.
それである程度形になったものを持ち帰り、焼くことで達成感を味わって欲しいのが私の目的。とにかくやってみる事(半強制的)で、感覚もつかみやすいし、パンを焼いて食べる事で、あの幸せな香りや次の日のパンの美味しさとかも全部味わって欲しい!そして自分のものにして欲しい!という思い*
.
結構駆け足で進むから、多分持ち帰りの生地がないと、いきなり最初からすると多分不安になるし、そもそもパンを仕込むのに少しハードルあるでしょ?教室行ったら少し満足しちゃう的な。
.
でも、1回でもパンを家で自分で焼けたら、また焼いてみようって思ってくれる気がしてね。
 
そんな私の愛情っす
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ということです* 下のメッセージがズンときましたよ*!
 
スボラなだけでなく、自分の感覚を呼び覚ますワークショップ
 
———.:.————————.:.———————.:.————————.:.————
ー講師紹介ー
 
FUMIKO MORINO
群馬県赤城山の麓で育つ。
高校卒業後、憧れの花屋に3年勤務するが、夜中にスケボーで遊び倒す日々の末に複雑骨折をし、その時に読んだ女子ひとりで自転車で日本一周した人の本を読み、自分も旅に出ると決めて花屋を退職。日本最南端までヒッチハイクなどもしながら旅に出る。その後東北ヒッチの旅をしながら、もう一度八重山に帰りたいと思い、西表島のヘルパーを半年し、その時のシーカヤックの仕事が好きで、群馬に帰るも、山奥でアウトドアガイドになる。
一緒にに働いていたガイドたちのススメでラフティングの聖地ネパールに行くことを決意。アジアの旅を終え、大好きになったネパールに1年間留学。ネパール語で夢を見るまでに成長。帰国後、夏はアウトドアガイド、冬は旅をして数年過ごし、ハンガリーへ嫁ぎ、20ヘクタールの森で動物を飼いながら、畑、保存食作り、スェットロッジなどのイベントを森で行ったりしながら3人の子育てをして、離婚を機に5年間過ごしたハンガリーから帰国。
日本でも森で暮らしていたような環境で子育てをしたくて日本中で家を探した結果、ご縁あって聖地熊野の山奥にたどり着く。庭に指定文化財の大きなかやの木のある古民家で、おくどさんや薪ストーブで料理をしながら、田んぼや畑、裏山の自然農法梅林の梅や庭で採れる山菜やお茶作りなどしながら自給的暮らしを実践中。
現在、4人の子供を育てるシングルマザー。
スポーツ整体と谷暮らしの知恵をシェアするワークショップやイベントを開催する、森のはっぱ店主。
今年からいつも家で焼いているパンのレシピを解禁しシェアする、かぞくぱんワークショップを主に活動中。
 
———.:.————————.:.———————.:.————————.:.————
ご参加お待ちしております〜〜〜〜♩
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close